FC2ブログ

花のみちの金木犀

宝塚にまつわるあれこれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川公演

ゆうさんのご当地神奈川公演3日間、無事終了しました!

今日はフルコースしてきまして…、夜公演は組総だったし、入りから出まで熱く楽しみ、思ったより暖かかったこともあって、帰りは軽く脱水状態…?(笑)

楽しかったんですけど、ダブル観劇には体がついて行かなくなっているなとつくづく…

梅田からは予想通り、舞台がかなり進化してましたので、そこら辺を書いておきたいと思いますが、引き続きネタバレておりますので、未見の方はご注意くださいませm(__)m




神奈川を観る前に、中日の映像を、気になってたところだけ所々見ておいたのです。
その時点では、やっぱりなぁ~、中日のが好きだったなぁ~と余計に落ち込み

でも、こちらも慣れたせいもあるし、舞台もこなれてきてるので、神奈川では、また新しい舞台として、今回の公演を楽しむことができました。

ダニエルの役作りの変化としては(ご自身が意識して変えていらっしゃるのかは分かりませんが)、中日では、もっと若くて(まぁそりゃ3年前だし^^;)まっすぐな印象だったのですね。
例えば、フェリシアが現れて、「お母さんが2年前に亡くなって」という台詞に反応してたのが、今回は全く上の空でただただ戸惑ってる風だし、
ホテルを探しに行く前の街のシーンでは、お母さんのこととかお父さんのこととか色々言い出すフェリシアの話を、あきらかにちょっといらっとしつつ聞いている(今日は時計を見る仕草も加わりました)。
なので、それに対してフェリシアが泣きそうになりながら「迷惑?」と聞くのが自然な流れなのですが。

そんな感じなので、ホテルの部屋でのシーン含め、フェリシアとの間に流れる空気が、今回は中日の時ほど温かく感じられず…ちょっと戸惑いがあったのです…

でも、今日観たら、フェリシアの芝居がものすごーく進化していて。
梅田では、ぐずな女の子を一生懸命演じている、という感じだったのに、どんどん自然に、ちょっとどんくさいけどどうしようもなく可愛いフェリシア、になってきていて。
ショーも含め、蘭ちゃんは見るたび成長しているという感じです…本当に恐ろしい子です

そして、蘭ちゃんが変わって行くにつれ、ゆうさんの芝居も変わってきて…、二人の「間」というのでしょうか、どんどん良くなってます。
こんな風に、二人が切磋琢磨し合って?芝居がどんどん変わって行くって、本当に生の舞台のだいご味ですね。
(彩音ちゃんの時は、彩音ちゃんはわりと変わらなくて、ゆうさんが一人で変わって行ってた感じだったので

ホテルの部屋の場面は、演出も少し変わっていて、中日のときみたいな鬼ごっこ~デュエットダンス~ダニエルの「本当に大切なことは、一つだけでいいんだ」みたいな、私を号泣させた台詞がなくなっているのも余計に気になる原因でしたが、新演出にも慣れてきました。

また、まりんパパとの再会の場面は、フェリシアの懸命な演技のお陰か、ものすごく泣ける場面になっています。
ここで、フェリシアが「お兄ちゃん、お父さん」と呼びかけるところで、たいてい笑いが来てしまうのが残念なんですけど、今日の夜はしーんとしてたかな?ここはダニエルも多分涙です。

最後の演出変更はどうしても受け入れがたいけれど今日あたりは、二人の雰囲気がとても良くなっていたので、「帰りたいか?」という台詞ですら、すっと入ってきそうになったのでした^^;
振り返ったダニエルが「来いよ」てフェリシアを呼ぶのはもう…
全体に、よりフェリシアをリードするダニエル、になっているでしょうかね~^^

そうそう、アドリブの面では、フェリシアが現れる場面…、まぁ、私はちょっとあそこまでやり過ぎなくても、と思っているので、あんまり笑えないで見ていますが、どっかんどっかん客席は湧いていますね。
スタンに「この恩は、忘れないよ」って最近は腕組んでスキップ?が定番のようですが^^;
「この恩は忘れない」…って、何て意味深な言葉だろうかと、あの発表があって以来、切なくなるところでもあります


ショーですが、花盗人のえりたんの超優しい笑顔を見ると、もういけません;_;
本当に、良い笑顔で踊っていらっしゃるんですよ~

今日の夜公演は組総ということもあり、客席から歓声も飛びましたが、舞台で最高の笑顔を見せつつ踊っている組子の皆を見ながら…、稽古場レポートのよっちの言葉ではないけども、本当に、こんなに頑張ってる集団ってない、というか、ホントに健気な子たちだなと…ええ、もう親心ですが親と言っていい年代ですので「子」呼びを許してやってくださいませ

これからの宝塚に、私はついて行けるだろうか、とこないだ思ってしまったのですが、この子たちの笑顔を見るためにも、やっぱり、ゆうさんが卒業しても観に来よう、と心に誓ったのでした。
入り出とかまでやってしまうと、特に全ツは全員がまとまって来るので全員の素の姿が見られるから、余計に親心になってしまいます。

ゆうさんのアドリブは、キンバラのラストが、金曜は「神奈川最高!」今日は昼が「神奈川、いいね」夜は「神奈川、ご当地です」と自ら仰っておりました^^
ご当地神奈川ジェンヌは人数も多いですね~

プロローグで手拍子が入るところでは、3階席だと時差があってずれるらしく?(←ご挨拶より)自らタクトを振って指揮するゆうさん(笑)拍手先導もしてましたねぇ。

そして、プロローグの客席降りでは、夜公演では下手通路の前方で握手攻めに合ってしまったゆうさん、「歌はもういいですか」って歌うの止めて握手に専念してました
総見のカーテンコールの幕が降りる直前には、総見席に投げチュウしてくれましたよね…確かね…
何だかもう、夜公演は朦朧としてていまいち記憶がおぼろですーー

出では、ゆうさんたち上級生が割と早めに出てきて後ろを気にしてるなと思ったら、めおちゃんがまさかの総タイツ状態のせんとくんコス?(爆)
ゆうさんの反応が気になって後はよく見れなかったのですが、何でも、るなちゃんがドラえもん、あきらくんがドラミちゃんになってたとか…?
そのまま宴会突入だったのかしら^^;;;

明日は一日お休みがありますからね~
そして明後日は、さいたまでお待ちしておりますわ。

こうして、楽しい記憶を次々に重ねて…、その時その時を楽しんで、幸せなことに意味があるのだよね。
と、夏のお茶会でのゆうさんの言葉を思い出しつつ。。。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

金木犀

  • Author:金木犀
  • 宝塚歌劇を広く浅く愛したいと思いつつ、気がつけば狭く深くどっぷり…の繰り返し(笑)

    今は、花組前トップスター真飛聖さんを無事に見送り、ちょっと立ち位置迷ってます^^;

ブログ内検索

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

月別アーカイブ

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。