FC2ブログ

花のみちの金木犀

宝塚にまつわるあれこれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大劇最後のお茶会

ゆうべは、時間がなかったわけではないけど何だかほけ~(呆)としちゃって(苦笑)
余韻に浸ってぼーとしてました。

今朝もあまり時間はないので、感じたことだけ少しだけ書いておきます。

なお、ゆうさんがこう言った、と書いているところもニュアンスであり、お言葉どおりではありませんm(__)m




大劇最後のお茶会は、ぎっしりシアター形式で。
ゆうさんは、円卓だと皆が体捻って見にくそうだったりするけど、シアターだと皆がまっすぐこっちを見てくれてるから、皆の顔が良く見えて嬉しい?みたいなこと言ってました^^

いっぱいトークしてくれたんだけど、内容はまぁきりがないので割愛^^;

最後のご挨拶で、明るく元気に語ってたんだけど、途中で詰まっちゃったんだよね。
感情が溢れてきて、涙が…状態になってしまい。

そして、「泣くつもりはなーい!」「寂しくもなーい!」て強がって(涙流しつつ^^;)叫んだ後、
「でも、以前だったらこんな風に皆の前で泣けなかったかもしれない」(←実際の言葉は違ったと思うけど)
って仰ったんですよ…

その言葉に、今までの色々が思い出されて、たまらなかったです。
私は、ゆうさんのお茶会は「雨に唄えば」以来出席してるんですが、あの頃からのたくさんのお茶会の思い出とか…

それは舞台も同じことなんだけど、今までの軌跡を思って、ここまで来た、これが「真飛聖」という人の宝塚での到達点だったんだな、と思うともう、、、

そして、ゆうさんが泣いちゃったら会場中がもう、涙涙になってしまって。
司会のスタッフさんなんてもう、最後の司会ができなくて何言ってるか分からなくてゆうさんが代弁(笑)

そんな風に、こんなにたくさんの人に愛されて、皆を愛して、本当に大きくなったなって…
昨日は、お席が横からゆうさんの顔を見守るみたいな位置だったから余計にか、親心モードというか、ちょっと客観的に見てしまった

本当はね、その中にどっぷり浸ってたいんですよ。
ちょっと間が空いたせいなのか、自分の私生活であまりにも色んなことが起こりすぎてる最近なので、気が削がれてるのか分からないんだけど…

今日、もう一度観てから帰ります。
今日はどっぷり浸れるかな^^
また帰りましたら書きます…

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

金木犀

  • Author:金木犀
  • 宝塚歌劇を広く浅く愛したいと思いつつ、気がつけば狭く深くどっぷり…の繰り返し(笑)

    今は、花組前トップスター真飛聖さんを無事に見送り、ちょっと立ち位置迷ってます^^;

ブログ内検索

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

月別アーカイブ

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。