FC2ブログ

花のみちの金木犀

宝塚にまつわるあれこれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目遠征雑感

報告や感想まで行かないんですけど、ちらちら感じたことを書きとめておきますね。
かなりうだうだ書いてます…うざくてすみません



久しぶりに観劇したら、やはり芝居はネタ公演としか思えず(笑)
感動する場面ももう目が慣れているから(最後の登場が真っ白!とかね)、日曜午後公演はいまいち入り込めなかったのですが、月曜日は大丈夫でした。
だから、東京ではずっと観るんだから大丈夫

今回のお芝居は、本当にサヨナラ仕様ですよね。
むしろ、サヨナラのために作られた作品、と言っても良いくらいの^^;
それ位、役も宛て書きになっているし。

それは、ある意味とても幸せなことです。
フレディーはゆうさんそのものだし、キャシーは蘭ちゃんそのものでもあり、ゆうさんに対する私たちファンにも重ねることができる。
そう思って観ると、フレディーのキャシーに対する物言いとか表情とか、普段の私たちに対するゆうさんと同じだわー!とか思えるし
そういう意味で、最後の銀橋の台詞だけじゃなく、随所に泣きどころがあるわけです。

しかし、サヨナラを意識して宛て書きであるがゆえに、色んな制約もある…
今回卒業するのはゆうさんだけで、蘭ちゃんは後に残って、新しいトップさんの相手役となる。
そういうことも、考慮されていたのだろうか…と、これまでの2人の作品を振り返ると思うのですね。
サブリナもメランコリックジゴロも今回の愛プレも、対等な大人の恋愛というよりは、妹キャラまたは年の差カップルで^^;
今回などは特に、トップコンビの愛よりは、トップと二番手の友情に重きが置かれているような

私としては、やはりタカラヅカの舞台では、トップコンビのどっぷり恋愛もの、が観たいと思うので、そういう作品を蘭ちゃんとできなかったのは、ちょっと寂しい気持ちもありますね~
トップになってからの全11作品の中でも、トップコンビがしっかり恋愛してたといえるのは、「太王四神記」「哀しみのコルドバ」「ME AND MY GIRL」「虞美人」の4作品のみではないでしょうか。。。
柴田作品の濃厚な大人の恋愛ものとか、もちょっと観たかったですね~(だから業平とかね~)
まぁ、欲を言えばきりがないです、もう言いません^^;


ショーは、ネット情報より、色々原曲も知ることができて感謝です。
黒燕尾の原曲は、トム・ジョーンズの「アイ(I(Who Have Nothing))」なのですね~
早速聴いてきました。ほんと便利な時代だわ~^^
日本語だと、「I」と「愛」を掛けてるっぽいですか…?
最後の銀橋での歌い上げは、タカスペでの「ニューヨーク・ニューヨーク」が思い出されますが…、ほんとに、こんな風に歌えるようになるなんて…ねぇ(感動です)

黒燕尾については、しかし、自分がタータンファンとしてまだ成仏してなかったんかーーー、ということも思い知らされましたーー
タータンは大劇作品は3作しかなかったし、全部にショーがついていたけど、大階段の正統派黒燕尾は縁がなかったのですよ。観たい観たいという思いはファン皆にあって…、唯一、中国公演で、大階段は使わないけど差し替えになった場面が黒燕尾群舞で…でも、それを私は生で観ることができなかったし

ゆうさんの場合も、待って待って、最後にやっと叶った黒燕尾ですが、実際に観て、こんなに幸せなものかと思ったら、タータンで観れたらどんだけ幸せだったろうかと…ダンサーだったから余計にねぇ…
そういうせん無いことを思いつつ、ゆうさんはいいな~とちょっと嫉妬したりして(アホ)、複雑な胸中なのでした。
もちろんね、タータンサヨナラの「バビロン」は、ほんとに素晴らしいショー作品でしたけど、フィナーレナンバーで、大階段を黒燕尾姿で降りて来たタータンが、歌うでもなくほとんど振りもなく…というのを初日に観たとき、タータンは歌ってなんぼ踊ってなんぼやろーーー、と突っ込んだことなども思い出し…
あああどんどん話が逸れるのでもう止めましょう


お茶会のことももう少し書きたいんですが、どうも、ニュアンスをうまく伝えるのが難しいので、断念。。。

ただ、男役について今までインタビューでいつも仰ってたこととか、ファンに対する思いとか、ああ、そういうことだったのね、って、胸にすとんと落ちたことがいくつかありました。
インタビューとかじゃ、それこそニュアンスまで紙面では伝わらないじゃないですか。
それを、生で私たちに伝えてもらえて良かったなと…

----------

以下、拍手コメントお礼です。

報告ともいえない不完全覚書ですのに、そんな風に言っていただけて嬉しいです^^ありがとうございますm(__)m
どうぞ、残りのご観劇、楽しんでくださいね。
今回のショーの歌詞が明るい感じなのも、大介先生のゆうさんへの宛て書きだと思うので、ほんとに、できる限り私たちも明るく笑顔でいたいですよね。

「泣き笑いになっちゃうかもだけど」って仰ってましたわそういえば^^

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

金木犀

  • Author:金木犀
  • 宝塚歌劇を広く浅く愛したいと思いつつ、気がつけば狭く深くどっぷり…の繰り返し(笑)

    今は、花組前トップスター真飛聖さんを無事に見送り、ちょっと立ち位置迷ってます^^;

ブログ内検索

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

月別アーカイブ

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。