FC2ブログ

花のみちの金木犀

宝塚にまつわるあれこれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと一週間

来週の今ごろ、自分がどうしてるかは、今は考えたくありません…

今は、観劇の度に自分の心境も違うのですが、先週、寂しくて悲しくて仕方なかった後は、また無心で観られる回もあったり…
無心なのか感情を殺してるのか良く分からないけど…

なんだかんだ言ってもあと一週間になりました。
残すところ9公演です。





今日の夜公演は会総見でした。

友会席と当日B席を除くB席全部、そしてA席最後列センターブロックがピンクの会服で埋まりました。

私は今回、大劇の総見は全く観れなかったので向こうの様子は分からないのですが、東京では、総見と言ってもいつものような派手なアピールは一切ありません。

今日もお芝居は淡々と進み…、幕間に配るものがあるから、とのことで、配られたものが…、入りイベントで使用予定のグッズだったのですねぇ。

それで、今までのことが思い出されてきて…
入り出がないことに、私自身はそれほどダメージは受けてない、と思い込んでたんですが。。。

いつもの会総の日は、入りからイベントがあって、ゆうさんも会服を着て来てくれたり、出でも色々趣向が凝らされてて。
楽しかったなぁって。
それができない今。
「当たり前のことが当たり前ではないと気づかされた今」と、ゆうさんは毎公演後に挨拶されていますが、まさに、入り出での色々も、今まで当たり前のように参加して来たけれど、今はできなくて。
今はできなくても次があるなら良いけど、今=最後なんだ。

そう思ったら、私たちも悲しいけど、ゆうさんも可哀想だなぁって思って…

そんな気持ちを抱えたまま、ショーの開演。

お芝居から会席を見上げてくれてたゆうさんでしたが、ショー中詰の銀橋では、「あなたのために」を、会席にぐるーっと手を差し伸べて歌ってくれました^^

そして、20場の「パラディ(楽園)」でゆうさんがせり上がってきて。
ほとんど手拍子が入りますが、銀橋下手で手拍子が止むところから、オペラを使ったら、ゆうさんの笑顔が、何とも言えなくて…;_;

何かね、確かに伝わって来た気がしたのです。色んなこと。
あと一週間しかなくて、寂しいねってことや、会総なのに入り出ができなくて悲しいねってことや、そんなこんなな、私たちの思いと同じ思いで、ゆうさんもいるってことが。

そして、組子の皆の思いも。
舞台とB席と、こんなに離れてるのに、こんなに伝わるものなんだって思ったら、ゆうさんが飛びっきりの笑顔で大階段の幕の後ろに消えた後、涙が止まらなくなってしまった。

千秋楽に向けて、色んな感情が湧いて来るだろうけど、それは私たちだけじゃなく、思いはつながってるよって、入り出で近くで会えなくても、舞台を通して伝わるものなんだって感じられたことが嬉しかった…

それこそ、当たり前のことが当たり前でなくなった今だからこそ、分かったことかもしれない

そうそう、終演後のご挨拶では、「ついて来てください!」に思わず「ハーイ」と元気良く答える会席^^
また、「義援金のご協力、よろしくお願いいたします」では、ゆうさんの目はしっかり会席をずいーと見渡していたのでした

下に降りると、募金は相変わらず大変なことになっていて^^;
3か所に分かれて立つ生徒さんのところに、ゆうさんは順番に移動して立つのですが、ゆうさんのいる場所にお客様が見事に押し寄せて行く…さまを、すごーい、と見ている私(笑)
そうだよね、トップさんなんだものね、と今さら思ったり^^;

手前の生徒さんたちに順番に入れてあげてそれぞれ声を掛けてから、最後にゆうさんに「お疲れさまでした」って言う。
ちゃんと目を見て「ありがとうございました」って言ってくれたら気分も浮き浮き、嬉しく帰途につける分かりやすいファンです^^

最近は、募金を終えて外に出たギャラリーも大変なことになっていて、劇場の係の人も通路を空けるのに必死
募金係が最後に1列に並んで、ゆうさんがご挨拶されるときは、こちらは前の方の人は座って見やすくし、拍手して見送ります。

…以上が、すっかり出待ち代わりになっています^^

どうやら入り出は復活しないようだし、千秋楽もまだ分からない…
でも、何がどうなろうと、思いは一緒だから、ね、というところで救われる…気がしています

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.04/18 18:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

金木犀

  • Author:金木犀
  • 宝塚歌劇を広く浅く愛したいと思いつつ、気がつけば狭く深くどっぷり…の繰り返し(笑)

    今は、花組前トップスター真飛聖さんを無事に見送り、ちょっと立ち位置迷ってます^^;

ブログ内検索

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

月別アーカイブ

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。